MENU

悪魔の手毬唄(加藤シゲアキ主演)の見逃し動画を無料視聴する方法!テレビ再放送はされるの?

加藤シゲアキ主演のスペシャルドラマ悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~

今年も2019年12月21日(土)にフジテレビ系列で放送されます。

しかし、12月ともなると仕事やプライベートも忙しく、「見れなかった…」という方も多いのではないでしょうか?

今回、悪魔の手毬唄の見逃し動画を無料視聴する方法や再放送日程を調べてみたところ

サービス名配信取扱無料期間月額料金
31日間2,189円
2週間1,026円
2週間976円
2週間1,017円
31日間550円
初月無料761円~
2週間960円
30日間550円
30日間1,026円~
なし800円~
最大2ヶ月無料1,650円

・悪魔の手毬唄の再放送日程は未定

・悪魔の手毬唄の見逃し動画はでネット配信される

ということが分かりました。

は初回2週間無料お試しをやっていて、期間中に解約すれば月額料金はかかりません。

をお得に利用する方法も解説していきますので、ぜひチェックしていただき悪魔の手毬唄を楽しんでもらえたらと思います。

(スポンサーリンク)

目次

悪魔の手毬唄の見逃し動画を無料視聴する方法

悪魔の手毬唄はで見逃し配信されます。

は月額976円で利用でき、対象の動画を見放題で楽しめます。

初回2週間無料で使え、期間中に解約すれば月額料金はかかりません。

つまり悪魔の手毬唄を無料期間に観て、解約してしまえばタダってことに!

無料で使ってみて別の作品も楽しみたいなら継続すればいいわけですから、まずはに登録しておくのがオススメです。

悪魔の手毬唄がスマホ・タブレットからも視聴できる

はウェブはもちろん、スマホ・タブレットからもアプリで動画を楽しむことができます。

また、対応のテレビやAmazon Fire TV / Amazon Fire TV Stick、Apple TVを使えば、テレビの大画面でも視聴することができちゃいますよ!

毎月1,300円分のポイントがもらえる

は、無料お試し期間にも有料会員と同じサービスが受けられます。

毎月1,300円分のポイントをもらうことができ、これを使ってマンガ・雑誌などの電子書籍を購入することが可能!

動画・電子書籍をハイブリッドに楽しめるのも、管理人がずっとを使い続けている理由でもあります。

FODプレミアムで観られる悪魔の手毬唄以外の他の動画作品は?

FODプレミアムは、フジテレビの番組やオリジナルコンテンツが豊富に揃っています。

悪魔の手毬唄のほかにも加藤シゲアキが金田一耕助を演じた一作目『犬神家の一族』や

  • 絶対零度シリーズ
  • レディ・ジョーカー
  • 悪魔の弁護人御子柴礼司
  • ENGEIグランドスラム
  • 人志松本のすべらない話
  • HERO
  • 造花の蜜

といったバラエティ番組や放送中のドラマやアニメ、海外ドラマも配信されています。

視聴するのにポイントが必要な動画もありますが、もらえる1,300円分のポイントを使うことで追加料金なしで視聴できますよ!

FODプレミアムを使っている方の評判・口コミは?

実際にを利用している方の声を集めてみました。

無告知のアンタッチャブル復活、びっくりでしたよね~!

録画してなくてもそれをもう一度観られるから、見逃し配信ってありがたい!!

FODプレミアムの登録方法

の登録はとってもカンタン!

  1. FOD公式サイトへアクセス
  2. コースの選択・支払い方法の確認
  3. 「購入確定」を選択

ほとんどがクリック・タップで手続きができるので、3分もあれば登録が済んじゃいます!

詳しい登録方法は、画像つきで別途解説しています。

まとめ

今回は、悪魔の手毬唄の見逃し動画を無料視聴する方法や再放送日程についてご紹介しました。

結論、

サービス名配信取扱無料期間月額料金
31日間2,189円
2週間1,026円
2週間976円
2週間1,017円
31日間550円
初月無料761円~
2週間960円
30日間550円
30日間1,026円~
なし800円~
最大2ヶ月無料1,650円

・悪魔の手毬唄の再放送日程は未定

・悪魔の手毬唄の見逃し動画はでネット配信される

初回2週間無料!

無料期間に解約すれば月額料金はかかりません。

そもそもテレビドラマはある程度人気でないと再放送がなかったり、決定したとしても半年ぐらい期間が空いたりして、かなり待つことが前提になります。

それなら、の無料期間や特典を楽しみながら悪魔の手毬唄を観るほうがかえって楽かもしれません。

この機会に、気軽に無料お試ししてみてくださいね♪

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる