MENU

「全力!脱力タイムズ」の無料視聴方法!見逃し配信と再放送日程も

「全力!脱力タイムズ」は、バカバカしくて思わず脱力してしまう「最新脱力ニュース」を徹底解説している番組です。

各分野に詳しい有識者たちが、世界各地のバカバカしいニュースに対してマジメに解説している様子はとても斬新ですね。

今回、「全力!脱力タイムズ」の動画を無料視聴できるサービスについてまとめてみました。

※最新の特典・無料期間、料金等は各公式サイトで直接ご確認ください。

結論からいうと、全力!脱力タイムズ」の動画を視聴するにはで観るのがベストです。

その理由は次の通りです。

  • これまで放送された「全力!脱力タイムズ」を視聴できるのはだけ
  • は2週間の無料お試しがあるので、料金がかからず視聴できる

このページでは、「全力!脱力タイムズ」を一番お得に視聴する方法と再放送日程について解説していきます。

目次

「全力!脱力タイムズ」の動画を無料視聴するならFOD PREMIUMがおすすめ

「全力!脱力タイムズ」が見逃し配信されるのは、だけ!

放送終了後、期間限定で最新話が無料で配信されています。

FOD PREMIUMがおすすめな理由

は、月額976円でフジテレビのドラマやバラエティ番組などが見放題で視聴できるサービスです。

フジテレビの番組が好きな方には特におすすめ!

動画視聴だけでなく、雑誌が130誌読み放題、その他電子書籍も取り扱っています。

FODプレミアム会員になると、電子書籍もなどに使えるポイントが毎月貰えるのも嬉しいですね!

全力!脱力タイムズはフジテレビの番組なので、だけで配信されています。

2週間無料で試せるので、サービスや見放題の番組内容などを気軽にチェックできるのも嬉しいポイントです。

「全力!脱力タイムズ」の見逃し配信を無料視聴する方法

FOD PREMIUM以外では、TVerで「全力!脱力タイムズ」の動画を観られます。

ですが、

  • 番組放送後7日間しか見ることができない
  • 最新回以外は観ることができない
  • 動画の開始前や途中に広告が入って邪魔

という点がネックになります。

せっかく動画を楽しむのなら、快適に観ることが出来て見放題のを使うことをおすすめします。

「全力!脱力タイムズ」の過去放送やバックナンバー情報

では、「全力!脱力タイムズ」を全23作品視聴することができます。(※2020年11月10日時点)

バックナンバーを一部紹介しますね!

ゲスト:二宮和也(嵐)、伊達みきお(サンドウィッチマン)

放送日:2020年10月2日

配信期間:~2021年7月2日まで

ゲスト:神木隆之介、カズレーザー(メイプル超合金)

放送日:2020年9月18日

配信期間:~2021年7月2日まで

FOD PREMIUMで見られる「全力!脱力タイムズ」以外のおすすめ動画

・とんぱちオードリー

オードリー、民放初冠バラエティ!?その名も『とんぱちオードリー』!
“とんぱち”とは「とんでもない」という意味を込めた、春日が普段使っている言葉=“春日語”から命名された正にとんでもないバラエティー番組!!

引用:FOD PREMIUM公式サイトより

「全力!脱力タイムズ」の構成・企画をしているスタッフが制作しているバラエティ番組です。

地上波未公開版も配信されているのでオススメです!
2週間無料で試せるので、サービスや見放題の番組内容などを気軽にチェックできるのも嬉しいポイントです。

「全力!脱力タイムズ」の再放送予定は?

「全力!脱力タイムズ」の再放送日程についてですが、残念ながらテレビ欄などには情報を見つけることはできませんでした。

そもそもテレビ番組の再放送は

  • 人気がないと再放送候補にならない
  • 放送内容がバラバラなので放送日が分かりにくい
  • 決定したとしても半年ぐらいの期間がある

というケースが多く、かなり待つことが前提になります。

いつやるか分からない再放送を待つよりの見逃し配信をお試し期間を使って無料で観るほうが、好きなタイミングで観られて早いかもしれませんね。

まとめ

今回は、「全力!脱力タイムズ」をお得に視聴する方法についてお伝えしました。

  • これまで放送された全力!脱力タイムズを視聴できるのはだけ
  • は2週間の無料お試しがあるので、料金がかからず視聴できる

※最新の特典・無料期間、料金等は各公式サイトで直接ご確認ください。

FOD PREMIUMでは2週間無料でお試しができ、期間中に解約すれば料金はかかりません。

気軽にお試しして、「全力!脱力タイムズ」を楽しんでいただければと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる